矯正治療のリスク・副作用について - 矯正歯科の豆知識

矯正歯科の豆知識

2020/05/04
矯正治療のリスク・副作用について

院長の斎藤伸雄です。

最近は、矯正相談を受ける方が多くなってきました。当院では矯正治療に関するリスクを詳しく説明することを重要に考えています。

矯正相談を受ける前に、事前に知ってほしいリスク・副作用を今回は掲載いたします。

また、個々の歯並びや生活習慣の状況により、起こりやすいリスクがあります。初診相談では、個人の歯並びの状に合わせ、なるべく詳しくリスクについて説明するようにしています。

 

矯正治療を行うために、小臼歯や親不知の抜歯を行うことが、多くあります。

矯正装置が付くために、歯ブラシが届きにくくなるために、虫歯や歯周病になるリスクが高くなると考えられます。

痛みや、装置が噛むことを阻害したり、歯を抜くことで、一時的に食べ物が噛みにくくなります。

粘着性のある食べ物(ガム・キャラメルなど)や繊維質の食べ物(野菜など)が装置に付いて取れなくなることがあります。

「咬むと痛みを感じる。」「口唇の内側に傷ができる」「歯の神経が過敏になり、冷たいものに痛みを感じる」など、矯正装置が原因で痛みが発生します。

発音がしづらくなることがあります。

矯正治療後に、後戻りを起こすことがあります。歯並びが後戻りをしないように、リテーナー(保定装置)を使用します。親不知が生えてきたり、あごの骨の成長発育により、歯が移動して、再治療が必要になる場合があります。リテーナーを使用しないと、後戻りが発生する可能性が高くなります。

装置を外すときに、歯の表面に細かな傷ができたり、微小な亀裂が入ることがあります。

矯正治療は、一度始めると、もとの歯の状態に戻すことはできません。

「あごの関節で、音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。

歯を動かすことで、歯の根が短くなることがあります。

歯肉退縮が起こることがあります。歯と歯の間で、付け根の部分に歯肉が少なくなることがあります。

まれに歯と骨が癒着して、動かない歯があります。

ごくまれに、歯を動かすことで歯の神経が障害を受けて絵師することがあります。

矯正装置が壊れることがあり、修理のために、来院が必要になることがあります。

 

文章で、リスクを表現するのは難しいので、気になることは、なるべく質問するようにしてください。

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら