新逗子駅 - エリア

エリア

2012/12/11
新逗子駅

新逗子駅周辺における矯正歯科に関する情報が記載されています。主に叢生と呼ばれる歯並びの状態について説明されています。 新逗子駅周辺の患者の方で、矯正歯科の治療を行う理由に「叢生(そうせい)」であることがあります。 叢生とは、本来、植物などが群がって生えていることを意味する言葉ですが、同じように歯が重なり合って生えている状態のことを叢生と呼びます。 簡単な表現では、ガタガタの状態の歯並びということができますが、新逗子駅周辺だけでなく、日本人に非常に多くみられる歯の状態になります。 また、八重歯と呼ばれる状態も叢生の一種になりますが、原因となるのは、歯のサイズに対して顎が小さすぎることをあげることができます。 叢生の状態から綺麗な歯並びの状態に改善させるためには、多くの場合で抜歯をする必要がでてきます。 また、患者が14歳以下の子供である場合は、歯を抜くのではなく、顎の大きさを大きくする矯正が行われることもあります。 正しい噛み合わせに矯正する矯正歯科によって、歯だけでなく体全体の健康を維持することに貢献できるものになります。 新逗子駅周辺の方で、歯並びの状態が叢生であることで悩みを抱えている方は、一度、矯正歯科の歯科医に相談してみると良いでしょう。 また、治療を開始するにあたって、それぞれの矯正法の特徴についても確認するようにして下さい。

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら