神武寺 - エリア

エリア

2012/12/11
神武寺

神武寺周辺の矯正歯科に関する情報が記載されています。主に、矯正歯科で抜歯が必要になる理由について説明されています。 神武寺周辺の方でも、矯正歯科の治療を開始するにあたって、虫歯や歯周病の治療を先に行ったり、抜歯を行ったりするケースがあります。 矯正期間中は、歯の表面などにワイヤーやブラケットなどを装着しますので、通常よりも虫歯になりやすい点に注意する必要があり、虫歯などがあるときは、その治療を完了してから矯正治療を始めるのが原則となります。 また、抜歯が必要になるケースとしては、患者の顎の大きさに対して歯の大きさが大きすぎるケース、あるいは逆に顎が小さすぎるケースのときに、抜歯が必要になります。 神武寺の患者の中にも、「虫歯となっているわけでもないのに、抜歯をするのはもったいない!」という意見があります。 しかし、矯正歯科によって歯並びの改善をすることは、7人がけの電車のシートに8人座っている状態から、適正な人数の7人に減少させることと同じ意味を持っています。 そのため、将来的に虫歯になりにくくするためにも、ブラッシングの効果が正しくでるようにするためにも、抜歯が必要になるケースがあります。 もちろん、矯正歯科の治療を行うにあたって、必ず抜歯が必要になるというわけではありませんので、担当の歯科医と相談して決めるようにして下さい。

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら