横須賀市 さいとう矯正歯科 床矯正装置

床矯正装置

床矯正治療は当院では行っていません

床矯正装置床矯正は「しょうきょうせい」と読みます。
たくさんある矯正装置の中の1種類で、矯正装置の中でも昔から使われています。

写真の通り、入れ歯のような装置で、取り外しが簡単にできます。

装置を外して歯ブラシが出来ますので、ワイヤーを使用する矯正装置と比べると、歯ブラシがしやすく、虫歯になるリスクがかなり低いのがメリットです。

床矯正治療は、写真にある床矯正装置だけを使用して、歯を並べる治療方法です。

さいとう矯正歯科クリニックでの「床矯正治療」について

さいとう矯正歯科クリニックでは、噛みあわせを重視する矯正治療を行います。「床矯正装置」のみの治療だけで治療を行うと、不十分な治療になることが多く、噛みづらくなったり、せっかく並べた歯が元に戻りやすいことが考えられます。

ですから当院では、歯科医師が治療計画を決定する際に、床矯正装置が最適だと判断される場合のみ、一時的に使用することがありますが、患者様が床矯正装置を希望されても、我々の判断で使用しないことがあります。

また床矯正装置を使用したとしても、その後、ワイヤーでの矯正治療を行うことが多くなります。

当院では、以下のような相談を受けることが多くなりました。

「他の歯科医院で、床矯正装置での治療を受けました。少し歯は並びましたが、気になるくらいデコボコが残っています。治療は終了と説明を受けましたが、どうすればいいのでしょうか。」

もし当院での矯正治療であれば、床矯正装置の後にワイヤーを使用する矯正治療をすることになるでしょう。当院の料金は、ワイヤーを使用する矯正料金も含まれていることを前提に説明しています。

ただ他の歯科医院ではワイヤーを使用する矯正治療が技術的に出来ない歯科医院や、追加料金を請求されることがあるようです。

疑問がある場合は、治療を受けた歯科医院で、必ず質問するようにしましょう。
装置のメリットだけでなくデメリットを明確に説明してもらえる歯科医院であれば、信頼出来ると思います。

当院は、患者様との信頼関係を重視しています。
当院では床矯正装置は簡単に治るとか、床矯正は歯を抜かないで治療できますという説明は、絶対にしません。
医院の利益よりも患者様の歯並びと、お互いの信頼関係を遥かに大切にしているからです。

床矯正のメリットとデメリット

それでは床矯正治療について、メリットとデメリットを詳しく説明します。

「床矯正装置」は取り外しの出来るメリットがありますが、大雑把な歯の移動しか出来ないので、ワイヤーを使用するマルチブラケット装置の前に使用して、マルチブラケット装置の期間をなるべく短くするために使用することがあります。

装置は少なくとも、1日14時間以上装着する必要があります。
「床矯正装置」で、できる歯の移動は以下の通りです。

  • 歯列の横幅を広げる。
  • 歯と歯の間に隙間を作る。
  • 歯を並べる隙間があれば、奥に引っ込んでいる歯を押し出して並べる。

残念ながら以下のような欠点があります。

  • 取り外しが出来るので、使わないと効果がない。
  • 本人が矯正治療に積極的でないと、装置を使わないことがある。
  • 喋りづらくなります。
  • 比較的違和感があります。
  • 3日ほど使わないと装置が合わなくなり、装置を作り直すことがあります。

この装置を使用して歯を移動する時は、歯の移動の結果、装置が合わなくなり、装置を何度も作り直すことがあります。

床矯正装置で矯正治療を行うという方が最近多くなってきました。
残念ながら「床矯正装置」は大雑把な歯の移動しか出来ません。

よって、わずかなデコボコの歯並びは、「床矯正装置」で治療出来ることはありますが、多くの場合はワイヤーを使用するマルチブラケット装置が必要となります。

「床矯正装置」で矯正治療を始める場合は治療の流れを良く理解し、「床矯正装置」を使用した後、ワイヤーを使う矯正装置に移行するかどうか、必ず担当の歯科医師に確認してから治療を開始しましょう。

床矯正装置をすれば歯を抜かずに治療できるのでしょうか。

歯を抜かないで出来る場合もありますし、抜いて治療する場合もあります。
「床矯正装置」を使用して、歯列の横幅を広げることにより、歯を並べるスペースを作ることができますので、デコボコの少ない歯並びは、歯を抜かないで並べることができます。

しかし、広げる幅には限界があります。ですから全ての歯並びを、歯を抜かないで治療するのは不可能です。当然デコボコの大きい歯並びは、抜かないと治せない場合があります。

以下の歯並びの方は、歯を抜いて矯正治療を行う可能性が高くなります。

  • デコボコが大きい方。
  • 歯が前方に出ていて、口元が突出している方。

歯を抜かない治療、抜く治療では長所短所があり、抜かないで治療することが、良い結果につながらない場合があります。例えば抜く抜かないで、結果が同じであれば、抜かない方が良いでしょう。

しかし両方を比較すると治療後の歯並びは大きく異なります。
歯並びにもよりますが、歯を抜かない場合は、前歯の位置が前の方に出やすくなります。歯を抜く場合は、スペースにゆとりができますので、前歯の位置を後ろに移動し、前方に出ている歯を改善できることがあります。

歯科医院で、説明に不安や疑問が残る場合は、セカンドオピニオンを受けることをお勧めします。

初診予約、ご相談はこちら