矯正歯科の豆知識

矯正歯科の豆知識

2017/10/27
これは重要だぜい!「矯正・早期治療のメリット・デメリット」

院長の斎藤伸雄です。

今回は早期治療に関して、大事なことをお伝えします。

 

ここでいう早期治療とは、小学生以下の患者さんで、まだ乳歯が残っている時期から始める矯正治療のことです。

 

当院で積極的に早期治療を推奨する歯並びは、下の歯が前に出ている「反対咬合」と下あごが、左右にずれて咬んでいる「交叉咬合」です。

この歯並びは、放置することにより、下あごの成長に悪影響を与えたり、発音にも影響を与えますので、当院では積極的に早期治療を勧めています。

上手くいけば、取り外しのできる装置で、改善できる可能性があります。

 

これとは逆に、叢生(一般的なデコボコの歯並び)、上顎前突(上の歯が前方に突出している歯並び)などは、治療するご本人が治療を希望している場合のみ、治療を開始することがあります。

たとえご本人が強く治療を開始することを希望していても、以下のメリット・デメリットは必ず説明するようにしています。

早期治療のメリットは、取り外しの出来る装置で、比較的楽に治療を進める印象がありますが、矯正治療期間は長くなることが多いことです。

早期治療を行うことにより、ワイヤーを使わないで治療できることは、少ないです。

なので、早期治療だけで矯正治療を終了を希望している保護者様には、それができないことを前提に、説明を行っています。

 

また最近では、矯正歯科用アンカースクリューを使用することにより、早期治療を行わなくても、永久歯が生え変わってから治療を開始しても十分な矯正治療が可能となりました。

 

私も矯正治療の経験が多くなり、最近つくづく早期治療のデメリットを感じることがあります。

それは、本人が治療を希望していない場合です。

せっかく矯正治療を始めても、治療への協力がなければ、治療が進めないばかりか、治療を中断してしまうことがあります。

また矯正装置を装着すると、口の中の細菌数が増えるために、虫歯になりやすくなります。

矯正装置を付けてから、歯ブラシを怠ると、多くの虫歯を作ることになります。

 

ですので、さいとう矯正歯科クリニックでは、早期治療を希望して来院された患者さんには、かならずメリット・デメリットを伝えて、治療を開始するかご検討していただいています。

 091.jpg

 

2017/10/25
これで効果絶大!キシリトールの使い方!

みなさんこんにちは!!歯科衛生士のSです。

今回の歯の豆知識では当院でも販売している100%キシリトールガムとタブレットの

上手な食べ方についてご紹介したいと思います!!

 

まず、キシリトールの効果には・・

1      継続して摂取することでお口の中の虫歯菌を弱らせて減らしていく

2      歯垢を落としやすくする

・・こんな効果があります!!

なので、お食事のあとにキシリトールガムやタブレットを摂取していただいたり、

夜寝る前に食べていただくのもオススメです!!

 

では、そのキシリトールの上手な食べ方について早速ご紹介していきます!!

まず、お口の中にキシリトールガムやタブレットを入れてから少し経つとだんだんとキシリトールの甘みで唾液がでてきます。

その唾液をすぐに飲み込んでしまうのではなく、お口の中全体に上手く行き渡るように

して食べます。

キシリトールの混ざった唾液はマウスウォッシュと言われるほど、歯に対してとても良く

虫歯の予防になると言われています。

このような上手な食べ方をすることで、さらに効果的にキシリトールを摂取することができます!!

 

ちなみに食べるタイミングが難しい方は、上記のお食事後などの他にも例えばおやつや間食のあとに仕上げとして食べていただくのもオススメです。

ぜひ、試していただき皆さんで効果的な虫歯予防をしてみませんか??

6057.jpg

2017/10/06
宣伝です!フッ素関係商品 

みなさんこんにちは!歯科衛生士の小笠原です。

本日はフッ素についてお伝えしたいと思います!

矯正装置がつくと、むし歯菌の数は3~5倍に増えてしまいます。

むし歯菌の数が増えると当然お口の中はむし歯になりやすくなってしまいます。

フッ素を使用していただくと歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えたり、溶けたエナメル質の修復、歯質を強化するなど、むし歯の発生を防ぐ効果があります。

特に矯正装置のついている患者様にはフッ素をご自宅で使用していただいたり、歯ブラシでていねいに磨いていただいたりとご自身で清潔に管理をお願いしています。

 

当院にてオススメしているフッ素の商品は チェックアップジェル と フッ素洗口液 のご用意があります。

今回は当院大人気商品フッ素洗口液のご紹介をさせていただきます。

こちらの洗口液は、シトラスベルガモット香味なのでお口の中が爽やかになります!

~フッ素洗口の特徴~

①毎日の洗口に適したフッ素濃度450ppmのう蝕予防洗口液。

②計量キャップ付きで、患者様の年齢・口腔状態により希釈も可能。

③ピリピリした刺激を抑えたマイルドな使用感

④さわやかなシトラスベルガモット香味

患者様にもリピート率が髙い商品になります☆

ぜひ宜しければお試しください♪   

checkupfukka_pht.jpg

2016/07/15
矯正歯科医が「セラミック矯正?」について調べました。

神奈川県横須賀市さいとう矯正歯科クリニック・院長の斎藤伸雄です。 1年ほど前にメールで「セラミック矯正を行っていますか?」というご質問を頂きました。 「セラミック矯正?」って言葉も知りませんでしたし、日本矯正歯科学会が発行する用語集にも、この言葉は存在していません。 たぶんセラミックブラケットを使用する矯正治療なのか、と推測しましたが、今はインターネットで何でも調べられる便利な時代ですから、歯科医師になって26年経過して、初めて「セラミック矯正?」という言葉の意味を知りました。 具体的には「セラミック矯正?」とは、歯並びが悪い患者さんの歯を削り、人工のセラミックの歯を被せて、歯並びが綺麗に並んでいるように見せる治療方法のようです。 矯正歯科治療の定義は、歯の位置を動かすことにより、歯を正しい位置に並べることだと今まで思ってきました。 日本矯正歯科学会のホーム・ページでも、歯を削って人工の歯を被せることは基本的に無いと記述されていますので、この「セラミック矯正?」というのは矯正治療ではなく、他の分野の歯科治療と定義できます。 矯正歯科医の立場として、「セラミック矯正?」という言葉にとても違和感を感じるだけでなく、迷惑な思いをしている矯正歯科医も多いのではないでしょうか。 はっきりいって、この治療方法に「矯正」という言葉を使わないで欲しいと思っています。 結論から言うと、さいとう矯正歯科クリニックでは、健康な歯を削り、人工の歯を被せる治療を行うことはありません。 健康な歯を削り人工の歯を被せるので、デメリットに関する説明を受け、十分に理解すべきだと思います。

2016/07/01
口内炎の予防法

院長の斎藤伸雄です。 みなさんは口内炎で悩んだことはありますか。 とてつもなく痛い口内炎は、辛いだけでなく日常生活にまで支障がでますよね。 僕の場合は、口内炎が出来る時は、アルコールを飲みすぎると出来るようです。 つまり体が弱っていて、細菌やウィルスなどに対する抵抗力が不足している状況において、口内炎が出来やすくなります。 さて肝心な予防方法ですが、最大の予防は口の中を清潔にすることだそうです。 その理由は、口の粘膜の傷から細菌が進入し、感染することによって口内炎が悪化するからです。 口の中を清潔にする簡単な方法は、うがいを行う方法です。 これは神奈川歯科大学・口腔外科の先生から聞いた方法です。 特に消毒作用のあるうがい薬で、2時間に1回程度の頻度のうがいが推奨されるようです。 特に食前、食後、寝る前、夜中目が覚めたときなどのタイミングにうがいをするようにしましょう。 うがい薬は、ドラッグストアでも多くの種類が販売されていますので、好みのものを使用してください。 また水道水でも、効果は十分にあるようです。 口の中を清潔にするには、歯磨きが重要であることは、誰でも分かると思います。 毎回の食後や、寝る前などに歯磨きを行うようにしてください。 歯ブラシ以外の道具は、デンタルフロスをお勧めしています。 デンタルフロスは毎回の食後に行うのは、時間的に難しいと思いますので、夕食後など、一日一回でも、効果は大きいと考えています。 デンタルフロスの使い方は、他のサンスターなどのホーム・ページを参考にしてください。

2016/06/21
矯正治療を始める歯科医院の診療日は大事!

さいとう矯正歯科クリニック院長の斎藤伸雄です。 通常の歯科医院では、日曜や木曜日が休診の歯科医院が多いので、コンビニのように毎日診療している歯科医院は、少ないのです。 日曜診療を行っている歯科医院や休診日が非常に少ない歯科医院も最近では珍しくありませんが、多くの歯科医師で診療を行っていますので、比較的規模の大きい歯科医院であれば可能かと思います。 矯正歯科に関しては、矯正治療を行うことが出来る歯科医師が少ないため、コンビニのように休診日のない歯科医院は、恐らく無いと思います。 矯正歯科専門医院では、休診日はあるのですが、土曜日や日曜に診療を行う歯科医院が多いので、部活や仕事が忙しくなっても通えなくなる心配は少ないように思います。 しかし「さいとう矯正歯科クリニック」では、年に数人は、生活環境の変化で歯科医院に通えなくなったため、治療の引継ぎを行うことがあります。 矯正治療を始める歯科医院を検討する際に、事前に矯正歯科診療日を確認することは大事です。 その理由は、矯正歯科治療は長期間継続が必要なため、患者さんが治療中の生活環境の変化により、歯科医院に通える曜日が変わってしまうことがあるからです。 特に極端に診療日数の少ない歯科医院は、生活の変化により、歯科医院に通えなくなる可能性があることを忘れないようにしてください。 ですから、もし診療日が少ない歯科医院で矯正治療を始める場合は、部活や仕事を休んでも、その歯科医院に通い続けなければならないという覚悟が必要です。 また診療していない日に、装置が壊れたりした場合の対処法も事前に聞くようにしましょう。 099.jpg

2016/06/11
インビザラインのデメリット

新しい矯正インビザラインの続き インビザライン、いいことばかりのようですがメリットばかりでなくデメリットもあります。 まず、すべての症例に適応可能というわけではありません。 そして治療期間も従来の矯正に比べて長くなる傾向があるように思います。 最大のデメリットは、患者さんが装置を使わないと治療を進めることができないことです。 インビザラインの治療で効果を上げるには、ご飯と歯磨き以外は使用、最低でも1日20時間以上は使わないといけません。 時間を気にしながらの食事...、なかなかつらいものもあります。 テレビをみながらだらだらお菓子~なんてできません。 ちょっとつまむということもできないので、デパートなどでの試食ももちろんお断りしています...。 それから飲み物にも制限があります。 インビザラインをつけた状態でジュースや炭酸飲料などを飲んでしまうとあっという間に虫歯になってしまいます。 虫歯にならない飲み物でもお茶やコーヒーもおすすめしません。 茶しぶであっという間に歯がくすんでしまうからです...。 インビザラインを使用しているときは水しか飲めないと思っておいた方がいいでしょう。美容院や知人のお宅にお邪魔した時にお茶を出されると本当に困ります...。 そして食後にインビザラインを使用する前には必ず歯磨きが必要になります。 インビザラインをつけた状態では自浄作用をもつ唾液がいきわたりにくくなるので、普段は虫歯にならないようなよごれでも虫歯になってしまう可能性もあります。 歯磨きは従来の矯正よりも簡単ですが、念入りに歯磨きをしなければならないという点では従来の矯正とあまり差はないのかもしれません。 どちらも一長一短...、 皆様の生活スタイルに合わせて選んでいくことをお勧めいたします! 155.jpg

2016/06/07
新しい矯正インビザライン

こんにちは。歯科医師の小田です!
今春結婚し、木原から小田になりました。今後とも木原あらため小田をよろしくお願いいたします。
今回は新しい矯正装置の「インビザライン」についてご紹介いたします。
インビザラインはinvisible(目に見えない)、名前の通り目立ちにくいマウスピース矯正です。
実はわたくし小田もこのインビザラインで矯正中です!
私は昔、矯正装置をつけて矯正していた経験もありますので、その従来の矯正とインビザラインとの比較を体験を交えながら紹介していけたらと思います。
41インビザ2.jpg
従来の矯正とインビザラインとの比較を表にしてみました。
インビザラインの最大の特徴はやはり装置が目立たないことです。 
写真をご覧ください。
41インビザ1.jpg
これは装置がついている状態です。
ほとんど目立ちません。
親や友人に矯正をしているというと目立たないね!と驚かれます。
そしてこのインビザライン、自分で着脱できます。
着脱可能ということは、取り外しできない従来の矯正装置に比べると歯磨きがずっと簡単だということです。
痛みも従来の矯正よりも少ないように思います。ご飯もおいしくいただいています。
次回はインビザラインのデメリットを紹介します。

2016/06/03
歯ブラシの交換時期

こんにちは! 横須賀市久里浜さいとう矯正歯科クリニック・受付・歯並びコーディネーターの早坂です。 今回は、「歯ブラシの交換時期はいつ頃なのでしょうか?」についてお話しします。 皆さんは、歯ブラシの交換時期はどのように決めていますか? 「お店やテレビで良さそうな歯ブラシを見つけたから」? 「なんか歯みがきしづらくなったから」? 「いやいや!もちろん定期的に取り換えてますよ~!」? 中には「まだまだ使える!」なんて、頑張って使っている方もいらっしゃるのでは? 実は!歯ブラシもちゃんと交換のサインを出しているんです! どこからサインが出ているのか...歯ブラシをよ~く見てみてください... そう、後ろ姿をじっくり見てください... 毛先が歯ブラシのヘッドの台座からはみ出して見えたら、それが歯ブラシの交換サインです! 交換の目安は、1日3回の歯みがきで約1か月です。 つまり、月に一度歯みがきを新しく交換すると、常に良い状態の歯ブラシで歯みがきができる!ということですね♪ もし、毛先の広がった歯ブラシを使い続けていると、歯を磨けているようで磨けていないだけでなく、歯肉に傷か付いてしまうことがありますので、注意が必要です・ また、1か月も経たないうちに毛先が開いてしまう方は、歯みがきに力が入りすぎているかも...。ゴシゴシ磨きでなく、ほど良い力加減で歯を1本1本大切に磨いてあげてくださいね! 毎月8日は「歯(8)ブラシの交換日」なんて記念日も制定されています! 皆さんも毎月8日に歯ブラシを交換してみてはいかがでしょうか? 083.jpg

2016/05/22
とっても重要!引越しによる矯正治療費の清算

院長の斎藤伸雄です。 矯正治療は、長い年月の期間を必要とします。 長い治療期間の途中で、進学や就職・転職など、生活環境が激変することも十分に考えられます。 「さいとう矯正歯科クリニック」では全員の患者さんに、治療開始する前には、引越しの可能性があるかを確認するようにしています。 特に横須賀市内では、自衛隊勤務の方が多いので、他の矯正歯科専門医院に比較すると、引越しのために、矯正歯科医院を変更しなければならないことが多いと考えています。 矯正治療中に、引越しのために矯正歯科医院を変えなければならない場合は、引越し先の治療費が必要となります。 そのため、今まで治療していた矯正歯科医院で、今まで支払った金額は、返金があるのか・ないのかが重要です。 例えば矯正治療費を最初に全て一括で支払い、治療途中で急な転勤がある場合、返金してくれる歯科医院と返金がない歯科医院があります。 その違いは、どうしてでしょうか? それは、歯科医院の経営者である院長の考え方次第です。 さいとう矯正歯科クリニックでは、治療途中で転勤のため、歯科医院を変えなければならないときは、治療の進み具合により、返金金額を決めています。 つまり歯科医院を変えなければならない場合には、矯正治療費を清算し、返金しています。 矯正治療前には、引越しなどの予定がなかったとしても、進学や結婚などの理由により、突然引越しが決まる場合が多いものです。 そのため、矯正治療を始めようと考えている歯科医院では、引越しのため、やむを得ずに矯正歯科医院を変えなければならない場合には、治療費の清算をしてくれるのか、必ず治療前に確認するようにしましょう。 money_10000nobuo.jpg

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら