院長ブログ

院長ブログ

2016/06/09
20周年に向けて「一般歯科医院からの紹介患者が減りました。」

さいとう矯正歯科クリニック 開業20周年に向けて 横須賀市久里浜・さいとう矯正歯科クリニック院長の斎藤伸雄です。 さいとう矯正歯科クリニックは早いもので6月18日に開業20周年となります。 今後しばらくは20年を振り返りながら、今後の展望を語りたいと思います。 さて20年前私は独身30歳という年齢で、歯科医院を運営することになりました。 資金に関しては、身内に銀行関係者がいましたので、通常よりも多くの資金を借りることができたことが幸運だったと思います。 現在さいとう矯正歯科クリニックのあるビルも建築計画を聞いた瞬間に、直感的に、ここで歯科医院を開業したいという強い気持ちが沸き起こったのを覚えています。 家賃は当然安くはありませんでした。 家賃の支払いと借入金の返済も合わせると、今思えば大きなリスクを背負っていたことに気づくことができます。 自分としては、矯正歯科専門医院ということだけは、こだわりたかったことですが、一般歯科医院と違い、患者さんを集めることは簡単ではありませんでした。 当初は、一般歯科医院から、矯正治療患者を紹介していただくことができ、生活費こそ稼ぐことはできませんでしたが、何とか返済と医院の資金繰りをこなしました。 しかし徐々に一般歯科医院からの紹介患者が減りました。 その理由は一般歯科医院で矯正治療を始めていくことが多くなってきたからです。 消費財率が3%から5%に増加した年も患者数が激減して、資金繰りは、少々危険な状況でした。 消費税率が上がってしまったことが原因で、不況が再来し、日経平均株価もかなり低い水準となり、不景気な日本という雰囲気が漂う時代でした。 このような危機を救ってくれたのは、患者さんの口コミだと思います。 本当に感謝しています。 1998年以降、徐々に矯正治療を開始する患者さんが増加し、結果的に資金繰りに苦労したことは一度もありません。 借入金の返済は10年前に完了し、無借金経営を10年ほど続けることが出来ています。 現在では資金を内部留保することが出来ていますので、前回の消費税率の増加による患者数の減少にも耐えることが出来ましたし、リーマン・クラスの大不況や次回10%の消費税率の上昇も怖くはありません。 矯正歯科医院を経営する上で、もっとも避けなければならないことは経営破綻し、患者さんの治療を中断してしまうことだと考えています。 その点では、現在のさいとう矯正歯科クリニックは、経営的に非常に安定している歯科医院であり、安心して治療を受けていただけると自身をもって言うことができます。 次回に続く・・・ 医療法人 さいとう矯正歯科クリニック様 (1).jpg

2016/06/06
矯正歯科治療を習得したい方へ

横須賀市久里浜さいとう矯正歯科クリニック 斎藤伸雄です。
歯科医師国家試験の合格発表も終え、新規に歯科医師になった先生方が多く活躍されていると思います。
さいとう矯正歯科クリニックでは、多くの若い歯科医師が矯正治療を勉強したいと相談に来てくださいます。

そのような先生方には矯正歯科を習得するためには、どのようにすればいいのか、具体的に説明をしています。
その先生の未来だけでなく患者さんの治療を左右することですから、こちらも真剣です。
近年では、「取り外しの装置だけで簡単に治る」とか「抜かずに治せる××矯正法」「誰でもすぐに矯正治療が出来る夢のテクニック」などと謳い文句のあるセミナーが開催されることを耳にします。
はっきりと伝えます。
矯正歯科治療を習得することは、それほど甘くありません。

特に矯正治療は長期の期間が必要となるため、他の一般歯科治療とは違い、習得にある程度の期間が必要であることを理解して欲しいと思います。

また、歯を動かすための、マルチブラケット装置や、マウスピース矯正、床矯正装置など、歯を動かす方法を先に勉強したくなる気持ちも分かります。
しかし歯を動かす装置の勉強より大事なのが、しっかりとした診査診断です。
つまり、現在の状況をしっかりと把握し、治療方法を決定する作業です。
当然セファロ分析も重要となります。
矯正歯科を勉強したいとお考えの先生で、地道で長期間の研修に耐える覚悟が出来ましたら、是非さいとう矯正歯科クリニックにお越しください。
ご希望の先生は事前に電話連絡かメールで、お申し込みください。
029.jpg

2016/05/31
歯科衛生士という職業を知ってもらうには?

横須賀市さいとう矯正歯科クリニック斎藤伸雄です。 歯科衛生士をいう職業が看護師・介護士・美容師・保育士と比べて、知名度が低いと思うことを前回お話ししました。 これを解決するには、どのような方法があるのでしょうか。 それは我々歯科医院で頑張っている我々が、歯科衛生士という職業の存在を伝えることです。 当院では、このようにホーム・ページの記事として情報を伝えたり、年に3回発行している院内新聞などで、情報を発信しています。 年に一回、休診日を利用して中高生を対象に職業体験を行っています。 小学生以下の子供たちにも、保護者様が患者さん役になってもらい、歯科検診をするという楽しいイベントを行っています。 初めて白衣を着る機会になるでしょうから、本人だけでなく、お母様・お父様にも楽しんでもらえるイベントです。 さいとう矯正歯科クリニックは矯正歯科専門医院ということもあり、小学生・中学生・高校生の患者さんが多いのです。 イベント開催を知らせれば、すぐに参加人数が一杯となります。 私は高校2年生になった患者さんには、必ず将来の目標を聞くようにしています。 もちろん多くの高校生が志の高い目標を持っています。 私が歯科衛生士を進路先として勧めたいと思う高校生は、進路希望や目標がなく、高校の卒業を迎えようとしている女子達です。 でも本当は歯科衛生士にならなくてもいいと思っています。 高校2・3年生時の決断が一生を左右してしまうことを伝えるようにし、将来のことを考えるきっかけになれば、嬉しく思います。 119.jpg

2016/05/23
歯科衛生士・その仕事の魅力とは②

さいとう矯正歯科クリニック・院長の斎藤伸雄です。
5月22日日曜日に、歯科衛生士という職業を知ってもらうことを目的としたイベントを行いました。
参加していただいた方の保護者様に向けてのメッセージを書いたところ、今までの記事と重複する部分も多いのですが、自分でも良い出来だと思いましたので、原稿を紹介いたします。
歯科医院で働く同業者の方にも、ぜひ読んでもらいたいと思っています。

089.jpg
さいとう矯正歯科クリニック 歯科衛生士・職業体験に参加された方・保護者様へ

この度は歯科衛生士・職業体験に参加いただき、スタッフ共々とても感謝しています!
歯科衛生士職業体験は、当院で毎年行われているイベントです。
なぜ、休診日にも関わらず、当院では、このイベントを毎年行っているのか、詳しく解説をいたします。
まず最大の目的は、歯科衛生士という職業を知ってもらいたいからです。
簡単に歯科衛生士とは何か説明すると、「歯科医院で働く看護師のような職業」です。

歯科衛生士という職業を特にお勧めしたい方は、以下のように考える高校2年・3年生の女子生徒達です。
「さいとう矯正歯科クリニックの歯科衛生士のように、明るく楽しい仕事がしてみたい」
このように考えている人は、かなりお勧めの仕事です。
それだけでなく
「何をしたいか目標も夢もなく、なんとなく将来が不安・・」
「今まで勉強を頑張ったこともないけど、仕事は真面目にしっかりやりたい・・」
「地元で働きたいけど、良い職場が無さそう・・」

以上のように考えている方に、歯科衛生士という職業を知ってもらいたいと思います。

高校生の時期の決断は、今後の一生を左右します。
私も高校生2年生で歯科医師になるということを決断した結果、今の「さいとう矯正歯科」があるのです。
歯科衛生士だけでなく、他にも魅力的な職業があると思いますので、このイベントをきっかけに、ご自身の将来を考えることができれば、それだけで、このイベントの意義があると思います。

それでは歯科衛生士になるには、どうすればいいのでしょうか。
それは歯科衛生士学校に進学することです。
幸い横須賀市内には、神奈川歯科大学附属短期大学部がありますし、横浜市内にも数件の短大や専門学校がありますので、横須賀から近い場所で学ぶことが出来ます。
大学や専門学校に入学してからの勉強は、基本覚えることが中心なので、理系とは言っても数学が苦手な方でも、努力次第で確実に国家試験の合格を狙えます。
失礼ないい方かもしれませんが、4年生大学の入学試験に合格基準に達していない学力でも十分合格を狙えます。

ただし、医療の仕事に従事する資格ですので、入学後は多くの努力が必要となります。
自分の手先が不器用だと思う方は、練習量を多くすることで、十分に乗り越えることが出来るでしょう。

学生生活は3年間で、それなりの学費が必要となります。
人生で最も貴重な期間の3年間と、それなりの費用と多くの努力の結果、国家試験に合格すれば(合格率は100%に近い数字)、無事歯科衛生士になれます。
歯科衛生士になった後も、一人前の歯科衛生士になるためには、自己練習や勉強が必要です。医療の仕事ですから、ある程度の規律や厳しさが求められます。
でも勉強や努力が必要だからこそ、患者さんだけでなく、歯科医院を経営する院長から絶対に必要な存在になれるのです。
結局、将来求められる人材になるためには、どのような職業でも勉強や努力は必要なことだと思います。

次に勉強や仕事が大変だからこそのメリットを紹介しましょう。
まず、初任給は4年生の大学を卒業した学生の初任給とは、遜色ないかそれ以上の条件も多くあります。
給与条件は、都心部に近づくほど、好条件のものが多くなりますので、憧れの東京暮らしも夢ではありません。
1名の卒業生に対して20件以上の歯科医院から募集が来るので、就職先に困ることもありません。
歯科医院はコンビニエンス・ストアの1.5倍程度あるといわれているので、日本全国多くの場所に働ける場所があります。

結婚して、ご主人の転勤などで、引越しをする際も、すぐに就職先が見つかります。
コンビニの1.5倍の歯科医院が日本全国にあり、ほとんどの歯科医院が歯科衛生士不足に悩んでいるからです。問題になるのは、ご主人の給与よりも、高い条件の就職先が多く見つかってしまうことでしょうか。

出産などで、一時休職していたとしても、再就職を探すのが容易です。
なにしろほとんどの歯科医院は、歯科衛生士の応募が少なくて困っているのですから、歯科衛生士免許を持っているというだけで、募集先が多く見つかります。

家事が忙しく常勤での仕事が出来なくても、非常勤での勤務では、時給が一般のアルバイトと比較して、とても高く好条件です。
非常勤勤務の時給は、1400円~2000円を超えるも歯科医院も多くありますので、ある程度経験があれば、無資格の非常勤アルバイトの倍程度の時給となりますので、生活や時間にもゆとりが出来るでしょう。

これは、あまりお勧めできませんが、一度勤務してみて、自分と合わない歯科医院だと思ったら、他にも就職先がたくさんあります。ただし、あまりにも転職が多いと、将来マイナスの評価となるので、勤務先は慎重に選ぶようにしましょう。

具体的に歯科衛生士の仕事を説明しましょう。
「歯科衛生士の仕事は、歯科医師の治療をアシスタントする。」
「スケーリング(歯石の除去)に代表されるように、患者さんの口の中の清掃を行う。」
「虫歯・歯周病予防のため、ブラッシング指導を行う。」
以上が代表的な仕事ですが、どれも患者さんを相手にする重要な仕事です。
誰もが歯科医院で、歯科衛生士に優しく説明を受けたり、華麗なテクニックで歯石を除去してもらった経験はあるでしょう。

当院では患者さんから、院長ではなく衛生士の○○さんに担当して欲しいといわれます。
歯科衛生士は多くの患者さんが憧れ、尊敬される貴重な職業だと、私は自身を持って言うことが出来ます。

最後に・・
再度お伝えしますが、高校生2年生、3年生の決断が、今後の一生を左右します。
将来のために何を準備するのか、考える重要な時期です。
「楽しく努力しながら自己精進できる仕事に就く」か、「お金のために、ただ時間だけ経過していく仕事に就く」か、の選択は今しかできません。
もちろん歯科衛生士以外にも素晴らしい仕事、例えば「看護師」「薬剤師」「保育士」「介護福祉士」「美容師」「栄養士」を目指すことは大変素晴らしいことだと思います。
その選択肢の中に、ぜひ「歯科衛生士」を追加しいただければ、幸いです。
                    さいとう矯正歯科クリニック 院長 斎藤伸雄
078.jpg

2016/05/18
歯科衛生士・その仕事の魅力とは?

前回までは、歯科衛生士を目指すためには、学生時代の勉強や就職してからの大変さを解説しました。

勉強や仕事が大変だからこそのメリットを紹介しましょう。

まず、初任給は4年生の大学を卒業した学生の初任給とは、遜色ないかそれ以上の条件も多くあります。
給与条件は、都心部に近づくほど、好条件のものが多くなりますので、憧れの東京暮らしも夢ではありません。
ネットなどで、求人サイトの条件を確認すると驚くほど好条件の歯科医院が多いので、参考にしてください。

1名の卒業生に対して20件以上の歯科医院から募集が来るので、就職先に困ることはありません。
歯科医院はコンビニエンス・ストアの1.5倍程度あるといわれているので、日本全国多くの場所に働ける場所があります。

結婚して、ご主人の転勤などで、引越しをする際も、すぐに就職先が見つかります。
コンビニの1.5倍の歯科医院が日本全国にあり、ほとんどの歯科医院が歯科衛生士不足に悩んでいるからです。
問題になるのは、ご主人の給与よりも、高い条件の就職先が多く見つかってしまうことでしょうか。

出産などで、一時休職していたとしても、再就職を探すのが容易です。
なにしろ歯科医院は、歯科衛生士の応募が少なくて困っているのですから、歯科衛生士免許を持っているというだけで、募集先が多く見つかります。

家事が忙しく常勤での仕事が出来なくても、非常勤での勤務では、時給が一般のアルバイトと比較して、とても高く好条件です。
時給は、1400円~2000円を超えるも歯科医院も多くありますので、ある程度経験があれば、無資格の非常勤アルバイトの倍程度の時給となりますので、生活や時間にもゆとりが出来るでしょう。
続きは次回
089.jpg

2016/05/16
「よこすか子育てフェア」に参加しました

5月15日日曜日 横須賀三笠講演では、毎年恒例横須賀カレーフェスティバルが行われました。 毎年多くの来場者があり、横須賀で最も人が集める大イベントになったことはいうまでもありません。 毎年カレーフェスティバルと同日に行われているのが、「よこすか子育てフェア」です。 これは、横須賀市の私立幼稚園協会が主催するフェアで、つまりは私立の幼稚園がブース出展し、各幼稚園の紹介をすることが目的の様です。 当院では、歯並び相談ということで、久里浜に矯正歯科専門歯科医院があることを、子育て中の保護者様に知ってもらうことが目的です。 このフェアに参加したのは3回目ですが、院長の僕が参加したのは初めてでした。 今回、参加したことにより大きな感動がありましたので、ここに報告します。 幼稚園のアピールということで、各幼稚園のブースを見回すと、なんと僕がお世話になった追浜の「ぎんのすず幼稚園」のブースを見つけました。 お世話になった「ぎんのすず幼稚園」に感謝の気持ちがあふれ出て、「自分は大きくなり、腹も出て、頭も薄くなり、立派なおっさんになりましたと!」心の中でお礼を言いました。 次に感動したことは、いわゆる幼稚園の先生方の笑顔です。 幼稚園の先生は、若い女性が主役となる仕事ですが、驚いたことに「さいとう矯正歯科クリニック」で矯正治療を終えた女性や、矯正治療中の女性を多く見かけ、声を掛け合えたことが、とても嬉しい思い出となりました。 全ての幼稚園の先生が、笑顔で元気いっぱいに働いている姿を見ると、幼稚園の先生を目指す女性が多いことに納得できました。 これが歯科医院だったとしたら、どうでしょう? もちろん「さいとう矯正歯科クリニック」の女性スタッフは、横須賀市内の幼稚園で働く女性に負けないどことか、より元気に働いていることは自信を持って言えます。 しかし全ての横須賀市内の歯科医院・女性スタッフが、元気に笑顔で働いているとは、自信を持って否定できます。 歯科医院で萎縮しながら、働いているスタッフを見かけると、このようなことが歯科衛生士の志望者が少ない原因なのかと落ち込むこともあります。 ともかく、今回の「よこすか子育てフェア」では、中学生くらいで矯正歯科治療始めた患者さんが、大人の女性となり、輝きながら仕事をしている姿を見れて、とても幸福感を増大することが出来たことを、ここに報告させていただきます。 13174184_1791534281069904_1877357547174331504_n.jpg

2016/05/12
歯科衛生士の志望者が少ない理由の続き

前回は歯科衛生士の志望者が少ない理由「①歯科衛生士は初任給が低いのでしょうか。」「②仕事はきついのでしょうか。」 「③歯科衛生士は、人から低い評価の仕事でしょうか。」「④クレームが多い仕事なのでしょうか。」を解説しました。 ⑤勉強が大変なんでしょうか。 歯科衛生士になるための専門学校や短大は、誰もがある程度勉強すれば、合格できるといえます。 入学試験に合格するには、歯科医師・薬剤師・看護師になるほどの学力は必要としないでしょう。 失礼ないい方かもしれませんが、4年生大学の入学試験に合格基準に達していない学力でも十分合格を狙えます。 横須賀市内では、一般受験ではなく、高校の推薦枠で入学を決めてしまうことがほとんどです。 しかし医療の仕事をするからには、入学してからの勉強は大変です。 基本的に筆記試験は、暗記することが中心の問題がほとんどなので、誰でも努力さえすれば、国家試験の合格まで出来るでしょう。 歯科医療なので、暗記の勉強だけでなく、歯の模型を使う実習がたくさんあります。 細かい作業が得意な女性であれば、実習はそれほど苦痛ではないと思います。 学校を卒業し歯科衛生士になってからも、日々勉強は続きます。 でもこれは、どの仕事でも同じことが言えますし、誰もが勉強や努力は必要です。 ましては国家資格を持っていますし、医療の現場ですから、勉強は大変だと思います。 だからこそ、患者さんからの評価も高く、雇用条件の高い仕事になっているのです。 勉強が必要だからこそ、患者さんだけでなく、歯科医院を経営する院長から絶対に必要な存在になれるのです。 結局、将来求められる人材になるためには、どのような職業でも勉強は必要なことだと思います。 勉強が大変だからこそのメリットは大きいです。 次回は、強い国家資格を持った歯科衛生士という職業のメリットを中心に解説します。 188.jpg

2016/05/09
歯科衛生士の志望者が少ない理由を考える・・

歯科衛生士の雇用が困難な理由は、歯科衛生士を志望する人が少なすぎるからです。 前回は歯科衛生士の志望者が少ない理由「①歯科衛生士は初任給が低いのでしょうか。」「②仕事はきついのでしょうか。」を解説しました。 その続きです。 その他の「歯科衛生士の志望者が少ない理由」を考えましょう。 ③歯科衛生士は、人から低い評価の仕事でしょうか。 これは歯科業界全員が自信を持って、ノーといえると思います。 多くの患者さんから尊敬され、愛される職業です。 当院では中高生の患者さんが、矯正治療を受けたことがきっかけで、歯科衛生士になりたいと希望し、1年に3~5名程度が、歯科衛生士学校に入学します。 患者さんから、院長ではなく衛生士の○○さんに担当して欲しいといわれます。 多くの患者さんが憧れ、尊敬される貴重な職業だと、私は自身を持って言うことが出来ます。 ④ クレームが多い仕事なのでしょうか。 もちろんクレームはあります。 しかし一般のサービス業務に比べれば、かなり少ないと思います。 普通に仕事をしていて、クレームのない仕事はありません。 歯科衛生士は国家試験に合格し、歯科衛生士免許を持っています。 ですから、患者さんからは尊敬される立場ですので、いろんな意見には耳を傾けるべきです。 患者さんからの要望は高いのですが、それを乗り越えた「やりがい」もあります。 046.jpg まだまだ続きますよ・・ ということでこんなイベントを当院では毎年行っています。 歯科衛生士職業体験

2016/05/02
歯科衛生士の雇用がなぜ絶望的なほど困難なのか

歯科衛生士の雇用が困難な理由は、僕が説明しなくてもすぐに分かるはずです。 歯科衛生士を志望する人が少なすぎるからです。 その理由を考えてみましょう。 ①歯科衛生士は初任給が低いのでしょうか。 歯科衛生士学校を卒業しての初任給は、一般の4年生大学を卒業後の初任給と比較しても、遜色ないか、それ以上の条件も多くあります。 しかし看護師と比べれば低いと言わざるを得ません。 今後は歯科衛生士志望者が少ないことと、歯科衛生士を育てる専門学校や短大が減少してしまったため、給与条件は年々上がっていくと考えられます。 ②仕事はきついのでしょうか。 現場で働く歯科医師の立場から考えると、歯科衛生士の労働環境は厳しいと思います。 これは公務員や一般的な事務の仕事よりもきついと思います。 しかし、介護福祉士、看護師、保育士と比べて、どうでしょうか? 上記の資格をお持ちの方達の労働環境は、新聞記事などで多く取り上げられるほど、厳しい仕事です。 歯科衛生士が、記事に取り上げられたことはあるのでしょうか。 通常であれば夜勤はありませんが、残業や休日を利用してのセミナーに参加する必要はあると思います。 美容師さんが営業時間後に一生懸命個人練習をしていることは、多くの人に知られている事実です。 結局、どんな仕事でも、「仕事はきつい」と感じる人の方が圧倒的多数であり、これから将来有望な若者が、楽な仕事を探そうと考える方に無理があると思います。 次回は「歯科衛生士の志望者が少ない理由」の続き ということでこんなイベントを当院では毎年行っています。 歯科衛生士職業体験 182.jpg

2016/04/21
矯正歯科開業医・歯科医院院長の先生方へ。やる気のある歯科衛生士を雇用する方法

矯正臨床に日々努力している矯正歯科医・歯科医院を運営する歯科医師の皆さま。 私のホーム・ページやブログは、患者さんよりも矯正歯科医の先生方に多く読まれていることに驚くことあります。 学会や勉強会などで、始めてお会いする先生方に、ホーム・ページを見たことがあるといわれることは珍しくありません。 少しでも先生方に役立つ情報を発信するように努力します。 このブログでは、これから矯正治療を始めようと検討している方や、当院の患者さんに向けて原稿を書いていますが、しばらくは趣旨を変えて、矯正歯科医・歯科医院開業医の皆さまに向けて情報発信していきたいと思います。 もちろん歯科業界で働く方達以外の矯正治療を検討している方にも読んでもらいたいと考えています。 私は神奈川県横須賀市で矯正歯科専門の歯科医院で院長をしている斎藤伸雄といいます。 初めてご覧になる先生方も多いと思います。 最近この僕に多い質問は、「どうしたら斎藤の医院みたいに素晴らしいスタッフを雇えるのか?」という疑問にシリーズで答えていきたいと思います。 歯科医院を経営していて、最も難しいことは何でしょうか? 最近「歯科医院が潰れる!?」というアホな記事が多いのですが、しかし一般の中小企業や飲食店などの個人経営に比較すれば、かなり少ないのが現状です。 このようなアホな報道に、歯科開業医の先生方はもっと怒るべきです。 経営者であれば、だれしもリスクを背負い経営しているのですから、絶対に潰れない業種があるとしたら、それは国から過保護にされている異常な業種でしょうね。 歯科医院を経営していて、最も難しいことは、優秀なスタッフを雇うということです。 特に歯科衛生士を雇用するのは、絶望的になるほど、難しい・・・ ちなみに「さいとう矯正歯科クリニック」が現在5名の歯科衛生士が勤務しています。 自分でいうのも、変ですが、当院のスタッフは笑顔が最高で優しく親切、勉強熱心でしかもプリティーです。 多くの患者さんや同業者の方から、取引をしている歯科材料業者さんから絶賛されるほどです。 しかし、ここまでたどり着くには、多くの涙と困難を伴いました。 僕と同じように、涙と困難を乗り越えることを決意出来た先生は、次回の記事を楽しみにしてください。 俺が考える・・優秀なスタッフを雇うには?という答えを、一つの文章で表すと? 「ここの歯科医院で働きたいと思わせる」ということです。 もちろん簡単ではありません。 今後は歯科衛生の雇用を中心に、非常に詳しく解説します。 続きは次回・・ 067.jpg ということでこんなイベントを当院では毎年行っています。 歯科衛生士職業体験

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら