女性患者さんから大粒の涙が! - 院長ブログ

院長ブログ

2016/07/13
女性患者さんから大粒の涙が!

横須賀市久里浜 さいとう矯正歯科クリニック・院長の斎藤伸雄です。
今日、若い女性患者さんから大粒の涙がこぼれました。
以下経緯を説明します。

当院では、院長の自分以外に女性勤務医2名と合計3名の歯科医師で診療を行っています。
院長として、全ての患者さんの治療計画を一緒に考え、治療中も患者さんの歯並びを確認したりするだけでなく、レントゲンや石膏模型も、確認しています。
治療に関するアドバイスをしたり、今後の治療に関して相談して、共同作業で治療を行います。
今回の患者さんは、治療による歯並びも大変綺麗に仕上がっていて、院長の自分は、ほぼ治療を担当することが無く、勤務医が全て治療を行ってきました。
そして本日、矯正装置が外れて、最高に綺麗な歯で笑ってくれました。
ちょうど、他には患者さんの予約がない時間でしたので、当院のスタッフ全員でお祝いの言葉をかけました。
そうしましたら、患者さんは喜びのあまり、大粒の涙を流し、感謝の気持ちを我々に伝えてもらいました。

実はさいとう矯正歯科クリニックでは、年に数回ですが、喜びのために、患者さんが泣いてしまうことはあります。
今回、とても嬉しかったのは、ほとんど勤務医が治療を行った患者さんから綺麗な涙を見れたことでした。

歯科医師として当院で働くことは、診療をすること以外に、患者さんの治療計画を決めたり、矯正装置を製作する作業・新しい技術の研修・矯正歯科学会で行っている審査の資料作りなど、大変厳しいものです。
実際、近くで勤務医と働いていますので、多くの困難や苦労を抱えていることは、理解しているつもりです。
今まで犠牲にしてきたことも多くあるでしょう。

それらの努力の結果が、今回のように綺麗な涙で、感謝の気持ちを伝えていただけたことは、勤務医だけでなく院長の自分が一番嬉しく感じていました。

勤務医はいつか当院を卒業して、巣立っていきます。
遠い将来、20年後くらいにでも、今日のことを少しだけ思い出してもらえれば、院長として、このような職場を提供できたことを嬉しく思えます。
大粒の涙を流してくれた女性患者さんには、大変感謝です。
149.jpg

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら