デコボコと前歯が前方に突出している歯並び 上顎前突症例 - 矯正症例集

矯正症例集

2011/04/04
デコボコと前歯が前方に突出している歯並び 上顎前突症例

院長のコメント 上下の第1小臼歯を4本抜いて治療しました。 歯を抜いて治療する場合は、この様に口元がとてもキレイになります。 保護者様の感想文は、お父様からのもので、お父様にも喜んでいただき、恐縮です。 御本人の感想文からは、治療で一番大変だったのはカレーを我慢することだったそうですがカレーを食べても大丈夫です。その時は装置が黄色に着色してしまいますが、治療の時に新しいものに交換しますから、みなさんカレーは大盛りで食べて下さい。 【矯正治療が終わってお父様の感想文】 ありがとうございました。 17年間の気がかりが、全て解消し、親として、ホッとしているのがいつわらざる気持ちです。 身体的欠陥は、親の責任であり、いつも、すまないという気持ちで子供に心の中であやまっていました。 費用対効果の面からも、女性の顔の中心部分の矯正による効果からも、「本当に矯正して良かった」と思います。 2年余の御親切な治療と御助言・指導に感謝いたします。 今後の皆々様の益々のご活躍とご健勝を期待いたします。 【矯正治療が終わっての御本人の感想文】 矯正治療は痛いと聞くので中学入るまでやる気はありませんでした。しかし、やはり大きく出っぱった前歯が気になり、歯並びがよくなりたい!と思うようになりました。 一体どのぐらい痛いのだろうかと不安もありました。友達はつけたその日は痛くて眠れなかったと言っていたし。 でも実際つけてみて、そんな痛くないことが分かり、安心しました。その後の治療も、月の治療直後のかたいものが食べられないという多少の痛みだけで、全くもって恐れるものではなかったです。 大変な面で見ると、食べかすがつまりやすいということでした。 食事後は必ず鏡でチェックしないと気になってしかたがないというクセがついてしまいました。矯正がとれた今でもクセでついチェックしてしまいます。矯正があってもなくても、のりがついている場合はありますしね。 その他で大変だというよりつらかったのは、カレーが食べれないということです。ついた色は落とせるけれど、わざわざ行くのも面倒臭い、それ以上によっしゃあ、とれるまで我慢してやろうじゃないか、と下らないポリシーが生まれてしまいました。その為、その間、カレーを食べたのは2回でした。その2回も学校行事の一泊研修で出た夕食のメニューだった為、避けることができなかったのです。自分的には、それが一番頑張ったことでした。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

初診予約、ご相談はこちら